FC2ブログ

とりのす.net

買ったモノ&食べたモノ、テレビ、音楽等‥‥ 日々、目にした事を書き綴っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 コメント(-)

スライ・ストーン、ドドーン! 

読書家ではないが時間があったら本屋をぶらぶらする。
新刊をながめたり、女性誌をぱらぱらめくってみたり
犬の写真集を見てブフフーと笑ったり。
旅行やスポーツコーナーもぐるぐる。

sly

そんな中、音楽コーナーで突如、悲鳴モノ。
スライ・ストーンが表紙にドーン。
『レコード・コレクターズ』今月号はスライ&ザ・ファミリーストーン特集。
ついつい買ってしまった。
そうそう、こんな機会はないもんで。

私自身、スライが最近どうしてるのか、とーんと知らない。
そういや彼の自伝映画が公開されたので、とても楽しみにしている。
当初、関西での予定記載が無かったが
あとで調べたら既に京都に来てたようだ(涙)。
まぁ、DVD鑑賞になっちゃうかな。


全然関係ないけど。
涙腺アタックナンバーの一つ、ちあきなおみ「かもめの街」。
何だろう、この物哀しさ。
メロディーもやけど、歌詞がやりきれん。
願わくば生きてる間に生で聴きたいぞう。
そんな折、つい先日、田川寿美ちゃんがTVで歌ってたと聞いて
さっそくYouTubeでチェックしたさ。


スポンサーサイト
2015/08/04(Tue) | no music, no life.

『燦のとき やさしさの歌』 

錦織圭が大活躍の男子テニス。
いつの間にかすごい貫禄だね~、はさておき。
春からCATVでアニメ『エースをねらえ!』が再放送中。
年代的にちょっとズレているがアニメも観てたし、漫画も持っている。
とても懐かしく、楽しみに毎週観ている。

昨今のはすっぱなJKも真っ青の超ミニの制服や
ボディコンシャスなクロップド丈の部屋着。
一瞬笑ってしまうが、ひろみの昭和ファッションは何ゲにお洒落かも。
とはいえ蛸をかぶったようなショートヘアはヘンテコだし
尾崎さんの角刈りなぞまさにソレで、彼に至っては漫画と違い過ぎて
最初はお前誰でんねん!?と思ったくらい。
高校生なのにお蝶の「よろしくてよ」てのもアレだが
宗方仁が27歳ということに今頃、衝撃どーん。

大杉

エンディングの「白いテニスコート」が好きでの。
ということで大杉久美子のベストを聴いてみることにした。
その名も『燦のとき やさしさの歌』。
何でかメロディの一部が違っていたのだが、それよりも
彼女の歌う作品があまりにもたくさんあることに驚き。
割とエンディングが好きなんだな、と思った。
母をたずねて三千里の「かあさんおはよう」なんかもう、もう~。

2015/06/28(Sun) | no music, no life.

Bruno Mars Attacks! 

ネットサーフィン中、インターネットラジオを聴くことが多い。
ちょい前はビートルズ専門チャンネルオンリーだったが
最近はヒットチャートをBGMに流している。
まあ、近年何が流行っているのかたまに知るのもいい。
ほいで何ゲにいつも手が止まる曲があることに気付く。
てっきり古い曲なのかなと思ったら、調べるに歌う彼は生きている。若い。
何せ私が好きな人たちは死んでるか、バラバラになっている(グループが)。
なーんか嬉しくてサ。

Bruno

じゃーん!
それはMark Robinson 「Uptown Funk ft. Bruno Mars」!! 今更?
ちなみに心が震えてるのはMarkではなく、Brunoの方に。
まあ、駿河太郎顔、結構好きやしかな。
早速、アルバムもチェックチェック。

しばらくはBrunoが頭の中でぐーるぐるぐーるぐる。
声は綺麗だし、ダンスも上手いし。
「俺ってめっちゃホットやろー」なんて凡人にはなかなか言えんごた。
日本にもそういう感じの子、出てきたらええのになて思う。
そんなこと全く知りませーん、みたいな昭和のアイドルの変ごたる。
もっとお行儀悪くいかなーー。
だってげいのうじんだもの。

2015/06/19(Fri) | no music, no life.

『THE BLUE HEARTS 30th ANNIVERSARY ALL TIME MEMORIALS』 

THE BLUE HEARTSが解散して久しいが、今年は結成30周年らしい。
それを記念してベストアルバムが出たので拝聴。
いやー、お懐かしや。
ザ・ブルーハーツを知ったのはまだうら若き学生時代、クラスメートの
ししまるちゃんから「なかなか良いバンドがいるんだけど聴かない?」と
レコードを渡されのがきっかけで、それが彼らのモノであった。

ブルーハーツ

安っぽい印刷でインディーズ制作された青いジャケットから受ける印象が
クラスの子がきゃいきゃいと騒ぐアイドルとは全く違って見えたのを覚えている。
ライブに行ってみたいなーと思いつつ、すぐさまチケットが取れないバンドとなりけり。
久々に「TRAIN-TRAIN」聴くと涙が出るわ。
『はいすくーる落書』も大好きだったな。
なんか青春だな。青い春だな。
そういやししまるちゃんとこないだ会うたのにその話はせなんだな。

余談ですけども、ヴォーカルの甲本ヒロトと誕生日が同じというのが
私の唯一の自慢であーる。
(近年、そこに香川真司が加わってますます嬉しい。)
ちなみに芸能界で一番好きな殿方が甲本雅裕。
好きな顔のベスト3はいるのだが、それらとは全く別格。
テレビで初めて見た時「この方、何てどストライクなんでせう!!」と思ったら
実は弟君だと知り、密かに“私、甲本家と赤い糸があんちゃうかな”と
怪しい思想にふけるのであーる。

2015/03/17(Tue) | no music, no life.

今、あなたを元気にしてくれる曲は何ですか? 

って万一、サワコに訊かれたら挙げるのが
Michael Jackson「Love Never Felt So Good」。
夏頃、SUV車のCMを見てビビビーン。
本題よりBGMが気になってしまい、誰が歌ってるのかと調べたら
マイコーだったのでビックリ。
何や、アンタ生きとったんかいなーてな感じ。
ということでちょい前だが『Xscape』を買ってみた。
すごいよな~、まだまだ未発表曲があるんだらふ。
夏からずっと私を元気にしてくれる。
テンションを上げるには耳から楽しい情報を入れると良いんだってさ。

Xscape gaga

でついでではないがTony Bennett & Lady Gaga『Cheek to Cheek』も。
ジャズのスタンダードナンバーは好きだからさ。
「They All Laughed」なんてるんるん(死語)よ♪
以前、エイミー・ワインハウスともデュエットしてたけど
ホント、素敵なじいさんだわ。
というかじいさんと評するには失礼な感じ。ごめーん。

2014/11/25(Tue) | no music, no life.

Pharrell Williams『GIRL』 

最近のヘビーローテーション、ファレル・ウィリアムス『ガール』。
春先にひがしのり~が良いと書いてたので乗ってみた。
とてもよござんす。

GIRL

ファレルを見たのは久しぶり。
ジャスティン・ティンバーレイクのデビューで彼を初めて見た時
オリエンタルな雰囲気で何てチャーミングなのかしらと思ったのが随分と前。
(そこでは女子のモモから手を離さんかったけど可愛らしいなぁと思ったり)
ほんなら彼今、歳いくつでんねん。  なーんとアラフォー!

世界的ヒット中の「Happy」やユニクロCMでお馴染み「Come Get It Bae」も収録。
個人的にはfeat.ジャスティン「Brand New」と「It Girl」がお気に入り。
ボーナス・トラックの「Smile」もハッピーになる一曲でマル。
今後もたまーに思い返して聴く一枚になると思う。

============================================
それにしても。
日本版MVのふなっしーがとってもダンサブル。
やっぱすげーな、あいつ。

2014/06/12(Thu) | no music, no life.

Sarah Vaughan with the Beatles 

長年、月額利用してきた『TSUTAYA DISCAS』だが
この半年ばかりどうしても時間がうまく融通できず休会することに。
以前にも一度、引越しの何やかやで止めたことがあったが
それはおけつがあってのことで、今回は再開する目処がまるで無い。
毎月のレンタルが義務になっては勿体ないもん。
『The Lone Ranger』なんて途中で止めたり、最初から見直したりで
全部終わるのにひと月くらいかかっている。
この際、作品時間は2時間までにしてもらえんだろかなあ。

で、最後のレンタルとなったのはOKAMOTO'S『Let It V』と
サラ・ヴォーン『Songs of the Beatles』。
偶然、どちらもビートルズにかかっているのがちょっと笑けるが
よく見るとiPodには『Let It Be』と『Let It V』が並んで入っている。
(OKAMOTO'Sのハマ・オカモトは最近とても気に入っている殿方であります。)

サラ

さてサラ・ヴォーンは私の好きな女性歌手の一人だが
奇しくも今日27日がお誕生日。
春に生まれ、春に逝ってしまった人。
私はサラを何となくかなりすごく昔の人だと思っていたので
ビートルズのカバーをしていることにすごく驚いた。
ジャケットはモノクロが多かったし、ヘンテコな頭だったし
「Lullaby Of Birdland」を聴いたのは随分と子供の頃だったからさ。
といってもビートルズの活動期間は60年代だからどちらにしろ古いことになる。
もちろんサラの歌唱力は抜群で、ほいでもってビートルズだし。
「Get Back」なんてLockにめっちゃ良いと思うねんけど。 誰か踊ってー♪

2014/03/27(Thu) | no music, no life.

『サザエさん音楽大全』 

声優の永井一郎さんが亡くなられた。
ショックな人も多かろう。
小さい頃からテレビでおなじみのあの声。
最近は「Nキャス」で毎週耳にしていたのに。ホント哀しい。
永井一郎といや、やはり磯野波平(サザエさん)。
奇しくも出たばかりのサントラ『サザエさん音楽大全』を
年末、iPodに入れたばかり。

サザエさん

聴いてみるとまあ、ついニヤニヤしてしまう。
どれだけ耳から脳に刷り込まれてんだ、ってなあ。
サントラはいつも3~4種しかないもんだと思っていざ聴くと
実際はあれも!これも!で、想像をはるかに超えて曲数が多い。
今回も然りでキャストそれぞれにもBGMがあり、カツオにいたっては5パターンも。
確かに彼きっかけで何かが起こることは多いもんね。
知人の携帯メロディコールが『サザエさん』なのだが
「楽しい磯野家」「エンディング4」の2曲ということが判った。
カラオケは大嫌いだが「レッツ・ゴー・サザエさん」歌いたくなったなぁ。
曲名は知らなくても絶対、ピンと来るはず。 ふんがふっふっ!


================================

そういや。
波平にもう一度怒られたいという人は多いが、私には「バッカモーン!」より
むしろ「さよう。」なんやけどな。
私ゃ波平には褒められたい。
先日“波平はもちろんやけど、小鉄に違和感無し。”ってなことを言うと
某姐さんは、あの声やったらやっぱ「教師生活25年!」やなあ、と言った。
あ~、それぞれに思い出があるのね。

2014/02/01(Sat) | no music, no life.

We Wish You the Merriest 

♪メリッカリッキマカイズシングセ~
Bing Crosbyの声は甘すぎる。
ということでシナトラとのデュエットでノリノリ。
♪メリエスメリエスイエ~スメリエス

イオン3 イオン1 イオン2

帰り、コンビニの外に特設売場が設けてあって
寒いのに何を売ってるのかな~くらいに思ったが
よく見るとケーキや鶏だったのでああ、そういえばクリスマスなのだなと気づく。
それほどクリスマスには特に思い入れの無い私ではあるが
クリスマスソングは大好きさ。
毎年、Andy Williamsからスタートするのだが今年はかなり出遅れた。
例年秋口、早ければ夏の終わりごろから聴きだすのに。
年々、トボケる感じ。

2013/12/25(Wed) | no music, no life.

桑田缶、当たりました 

何ゲに送っておいたサッポロビールのプレミアムアルコールフリーの
懸賞が当たったようだ。
日常、サッポロがメインなのでよござんした。
CMキャラクターに桑田佳祐を起用したようだ。
相変わらずご活躍のようで。

桑田缶2 桑田缶1

さて桑田佳祐といや。
とっかかりはサザンオールスターズではなくKUWATA BANDであった。
何せ彼らはすごくカッコ良かった。大人というか。
調べてみるとKUWATA BAND(KBに省略しよう)とは
桑田佳祐を中心とした期間限定のバンドということを知ったわけで
当時、子供の身空でライブに行けるハズも無く、ダビングしたものをよく聴いていた。

どちらかというとシングルやオリジナルアルバムも良いが
スージー甘金のジャケットデザインのライブアルバムがすごく気に入っていた。
KBは英語の歌詞が中心だったから全然気づかなかったが
アンコールの「Hey Jude」には恐ろしくイイわ、桑田って天才だわ!としみじみしていたが
実はビートルズの曲だと知ってビックリ。
(ほいで何でかジョン・レノンのソロをぽちぽち聴いたりするようになる。ポールではないのね。)
人の曲を歌う、いわゆるカバーの存在を知ったのもこの頃だと思う。

で、KBきっかけでサザンをパラパラと聴くようにもなり
大阪球場の10周年ライブにもいそいそと出かけたりもしたが
90年ごろを境に急激にフェードアウトしてしまった。 何でだろね。

2013/01/31(Thu) | no music, no life.

『CAR SONGS OF THE YEARS』 

最近、遠くへ行きたい病にかかりかけている。
手段は飛行機でもなく電車でもなく、車。
昔は思い付きで休日突然、うんと遠くへドライブに出かけたりしたのに
京都に戻ってきてからとんとご無沙汰になってしまった。
何だ、歳か? 

car

そんなうずうずのせいか今更、奥田民生『CAR SONGS OF THE YEARS』を。
車に関連した曲ばかりを集めた、いわゆるコンピレーションアルバム。
リリースされてから随分となるがずっと気になっていて
ほんなら早よ聴きゃ~いいのにと思いながらずるずるとここまで来た。
時間が経ったとはいえ結果、縁があったということさ。

私はユニコーンもソロもあまり詳しくはないが
「イージュー★ライダー」は素晴らしくイイ曲。
たまにさらっと耳にするとほわほわする。
今までたくさんタイアップされてきたのがとても解る。
で、何故に「SUNNY」だろかと疑問に。
君のことがスキスキス―♪みたいな内容で車とは関係ないだけに
日産サニーからだろふ。
原曲がけたたましくクールなのでどのアレンジで聴いても
すこぶるカッコイイ一曲だが、民生バージョンもまた良し。
なかなか楽しい一枚。

アルバム一曲目「ガソリンガタリン」もマル。
車はどう乗ろうと個人の自由。
それでもたまに似たベクトルの人と出会った時はとても嬉しい。
それがちょっとステキな車だったり、何かしらの逸話のある車だと
尚更、指笛なんか吹いて称賛したくなる。
ま、空気が漏れるだけやけど。 すひー

2012/11/02(Fri) | no music, no life.

ビートルズ レコードデビュー50周年記念京都大会 

10月5日はビートルズ、レコードデビューの日。
今年、何と50周年を迎えた。
活動期間わずか10年足らずでここまで名が残るとは
何とすごい影響力なのだろうかと思う。
京都ノートルダム女子大学(北山)にて2日間に渡って
記念イベントが行われたのでいそいそと出かけてみることにした。

5日(金)は基調講演とシンポジウム。
登壇されますは音楽評論家の湯川れい子さん。
TVやなんかでお見かけするに丁寧な口調と豊富な知識が
すごく頭が良さそうな人だな~と尊敬してしまう大人の一人。
彼らが影響を受けたエルヴィスやブラックミュージックのこと、
ジョンとヨーコのこと等々、時間が押してしまったようだけど
それでもまだまだお話聴き足らないなー。
シンポジウムも興味があったが残念ながら仕事の時間。 グエー

ダム女1 ダム女2 ダム女3

翌日はカバーオンリーのライブコンサート。
完全コピースタイル、アコースティック、10代のぼくちゃんバンドなど
Fab4を愛するさまざまなグループが登場。
ほいで何より、スペシャルゲストとしてサンコンJr.が登場。 
メインのみでプレイするかと思ったらこれ以外に2組のサポートも。
トリの“ビートルズ京都大会スペシャルバンド”としては10曲以上。
「Magical Mystery Tour」から始まり『Abbey Road』のメドレーなんて
めちゃめちゃカッコ良かった。
何て目の保養なのでせう。
だってわて、昔から彼の顔、めちゃ好きなんですもん。 
亀の肩越しにええ殿方おるわ~みたいな。 『すっとばす』しか持ってないけど。

私はドラムセットについて全く解らないのだが、サンコンを通して
あの音はああやって鳴っているのね~とリンゴを想いながら見ていた。
「In My Life」や「Don't Let Me Down」、大好きな「Come Together」なんか
もっかい叩いてみせてーという感じ。
ともかくとても楽しかったわ。満腹満腹。良い一日。


余談ですけども。
帰り、車の中でパーやん(パートナーの彼)が♪ゲバー ゲバー と
何度となく呟いていて「この曲はやった?」と訊いてきた。
実際に「Get Back」を聴いたから歌っているのだろうに。
彼はあまり詳しくないから、よっぽど耳に刺激のあるメロディだったんだろう。

で、一般的に「Hey Jude」がアンコールで喜ばれるのだろうけど
私としちゃサージェントペパーズのリプライズで締められたら
一人でギャワワワワーーとなったかもしれない。アレ、えーねん。


2012/10/06(Sat) | no music, no life.

奏琉楽団『RYUKYU BEATLES 2』 

わてのビートルズフィーバー、いまだ衰えず。
何で今更こんなハマっているのだろうと思う。
やっぱメロディーが極上なのだわ。
情報を入れずに過ごしたなら別だが外に出たり、テレビを観たり
一日、普通に過ごしていると彼らのオリジナルだけでなく
カバーがどこからともなく聴こえてくる機会がホントに多い。
どんだけ使われとんじゃいという感じだ。

先日、内容すら覚えていないバラエティのロケがテレビでやっていて
そのBGMが「Love Me Do」のカバーであった。それも三線で。
私は昔からドミファソシのいわゆる琉球音階が何故か苦手で
あまり食指が動かなかったのだが、これを耳にした時には誰がやっているのか
非常に興味が涌いたので調べて早速、聴いてみることにした。

RYUKYU

奏琉楽団(そうるがくだん)、『RYUKYU BEATLES 2』。
1もあったのだが、2の方が断然好きな曲が多かったのでそちらにした。
例の王道「Love Me Do」も入っていたし。
何が素晴らしいかというと、楽器は琉球楽器のみを使用しているが
細部までオリジナルに限りなく近い構成に仕上がっているということ。
すごい聴き込んだんだろうなぁと思うと気がふわ〜〜と遠くなる。

「Get Back」オリジナルは色々深読みしながら聴いていると実に哀しいのだが
こちらは単純に何だかすごく陽気な気分に。
「Drive My Car」のリズムセクションにもウヒヒウヒヒとなるし。
全然邪魔しないのでカバーとしてはかなりステキな仕上がり。
また1も聴いてみることにしよう。 ムフー

2012/09/04(Tue) | no music, no life.

西院ミュージックフェスティバル 2012 

この休日はまた同じ催しに行ってきた。
西院フェス!!! やっぱりまだ知らんか?
知人をお誘いしてみると、徒歩圏内に住みながら
それって何、ほよよん?状態だったので全く浸透してないと言えよう。
正式には『西院ミュージックフェスティバル』。
メイン会場は阪急西院駅近くの春日神社、他多数。オールフリー!

西院1 西院2

例年、ジャズオーケストラが楽しみなのだが別日。
ということで今宵は良元優作のライブへ。於 鉄板焼 あじしん。
勝手にやさぐれ感たっぷりで、輪ゴムのような声をした上方よしおをイメージ。
「わて、歌しかおまへんねん」な刹那的なものを感じるかと思っていたのだが
実際は声もすごく伸びるし、会場を彼独特の世界感にペペッと染めちゃう姿に
キャリアを重々、お感じいたした次第。
何せ、コ綺麗だった。土土していないというか。

その後、妖怪に扮した出演者で行われる妖怪ライブに行こうと思ったが
残念ながら整理券がすっかり無くなってしまったらしい。
昼間にも妖怪を何人か見かけたが、リアルに“何かイヤーー!”なレベルで
とても良い出来だったので、とても残念。 何を歌うのか?
で、いったんジャズで休憩を入れてから今度は中澤信栄のライブへ移動。
ジャンルにソウルとあって地下会場だし、彼の声は甘ったるい低音がとても良いので
かなりガンガンにソウルナンバーが楽しめると期待していたのだが
いきなり「叫べー!」と言われても、わてドリカムはちょっと‥‥。しゅぼぼーん。

西院フェス、機会があればまた来年。
あ、そういやUnnamed JAZZ Babiesはどこへ行った?


そういう意味では日本でソウルと呼ぶならば演歌なのか。
イヤ〜〜、違うな。
私は演歌が心の底から嫌い(歌い手よりむしろ聞く側が)。
このライブで良元優作さんのあとに出てきた、大督さんというシンガーが暗い。
あの陰なモヤモヤを吐き出す姿はある意味ソウルフルだ、と聴いててアワアワしながら思った。
だってソウルは魂の叫びですもの。
彼、もし来年も出るならジャンルは“ポップス”じゃないほうがいいわ。


2012/08/05(Sun) | no music, no life.

ポールは元気 

ロンドンオリンピック開催中。
少し前、ビートルズフリークの友人から「まだオフレコだけど
開会式のステージでポールが唄うらしいよ、ホントかな?」とメールが来た。
もしそれが事実なら大感激。
で、フタを開けてみたら本当にトリでポールが登場。
それも「the End」だなんて。
「Hey Jude」よりもあのFab4最後のメッセージにじわじわ〜っときた
ファンは少なくないのでは。

St.peppers

さてまたまたフィギュアに追加。
今度は『Yellow Submarine』のSgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandを。
残念ながら今のところ、ジョンが居ない。哀しい。
♪One and one and one is three~

「もし僕ら3人がステージにまた立ったとしたら、僕たちは思うだろう。
 誰か足りない、ってね。
 居なくなってた誰かが居るんじゃないか。
 それが、ジョン・レノンなんだよ。」 by ポール・マッカートニー


2012/07/29(Sun) | no music, no life.

Fabulousな4人組 

20年ぶりにビートルズフィーバーが巻き起こっている私。
今、全作品をちゃんと聴き直している最中。
ビジュアルとしては『Yellow Submarine』がゲキアツ。
あまりのハマりっぷりにフィギュア4体をプレゼントしていただいた。
Thank You, Tammy♪ Love xoxo

イエロ1 イエロ2 イエロ5

ほんの手のひらサイズの可愛いものだと思っていたら
実際は結構な大きさで、人形そのものだけでも約20cmある。
そして割とリアルなギョロ目造りなので、とりあえずテレビボードの上に並べて
置いてみると何だか彼らに見られているようで、ちょっとコワくなった。
が、慣れてくるとホントにカワイイ。

このシリーズにはポールだけが何故か2種あり、その後
個人で買い足したので、レノン=マッカートニーズになった。
このポール(+ラブグローブ)のパッケージだけすごく薄く
窓からの風が強かったり、先日の地震の時もこやつだけがいつも落下する。
いきなりドサッ!と落ちるのでかなりドキッとする。

イエロ3 イエロ4 イエロ6

さて今月6日に『Yellow Submarine』は初のブルーレイ作品として発売された。
早速、お買い上げ。
その話がまだ無かった頃、何故出てないのか不思議で
それならばDVDを買おうかな~と長らく悩んでいた矢先に発表があり
これを“渡りに船”と言わずして何だと思った。
改めてパッケージを手にしてみると、やっぱりリンゴがひたすらカワイイ。

2012/06/07(Thu) | no music, no life.

『Yellow Submarine』 

年に一度、ジョン・レノンの命日に連絡を取る男の子がいるのだが
今回は奇しくもその頃、iTunesのCMにビートルズが登場。
何とカッコイイんだろうか~と褒めあっていたところ。
細部までちょこちょこ動いているし、ちょっと気になってあの30秒に
どのくらいの時間がかかるのか後日、エディターの後輩に訊いてみると
「1シーンを試すのに相当かかってそうなので見当もつきません。」と返ってきた。

「Magical Mystery Tour」は私の中でテンションがごわごわっと上がる一曲で
好きな方も多かろう。 ♪ロラーーー
ちょうど彼はその映画DVDを手に入れたところだそう。 高いらしい。
で一方、私は『Yellow Submarine』を。1968年の作品。
は、これが?今観ても全然いけるのでは。

海底の楽園ペパーランドで幸せに暮らす住民たちを狙い、
悪役軍団ブルー・ミーニーズによるミサイル攻撃で村は崩壊寸前に。
村の楽団指揮者フレッドは命からがら脱出し、リヴァプールにてリンゴと出会い
仲間のジョン、ポール、ジョージと共に平和を取り戻すべくの大冒険に出かける。
ひとことでいえば『愛と音楽は地球を救う』という24時間テレビ的
スローガンのシンプルなストーリー。

YS

ちなみにイエローサブマリンとは彼らが乗った潜水艦の名。
全編で使われる彼らの楽曲とサイケデリックな映像がホントに楽しい。
お粗末なボタンで高性能に動く爆弾装置や効果音もアニメっぽいし。
でもこれって子供向けじゃないよなぁぁ?
メンバーもそっくりで、歩き方がそれぞれカワイイ。
テンション低い、しれっと粋な台詞回しがまた良いし。

私は実際にメンバーで誰が好きってのはないが、この作品では
街角で憂う姿が愛らしいリンゴがお気に入り。
心優しい無邪気な男の子に描かれている。
舞の海シリコンを彷彿とさせる、頭部の広過ぎる前髪と
太すぎる足のアンバランスさが何とも。
久々に色々集めたくなるなぁ~~。

=========================================
そういや。
作品内で流れる「When I'm Sixty-Four」。
これは私が子供の頃に観ていた『ひらけ!ポンキッキ』でよく流れていて
当時はアニメーションがふにゃふにゃ動き、呑気な歌だと思っていたが
まさかこんなにステキなラブソングだったとは。
何十年も耳にしているはずなのにこのヒアリング能力の無さと来たら‥‥。
色んな意味で涙が出るわ。

2012/02/05(Sun) | no music, no life.

♪We Love You P5, Oh, Yes We Do! 

たまたまテレビをつけたら、いいとものテレフォンショッキングに
野宮真貴ちゃんがゲストで出ていた。
お~~~、相変わらずお美しい。
実はかつて私、ピチカート・ファイヴの大ファンでありまして
渋谷系にちゃっぽりハマった一人。
(ま、P5を辞めた田島貴男へ急激にスライドしていくんだがー。)

ともかくとてもカッコ良かったんである。
特にP5は日頃テレビで目にしていた歌手たちと全然違っていて
ファッションなぞ私にはちんぷんかんぷんな決まりっぷり。
この人らは服の人なのか音楽の人なのか、
彼らの使うカナ言葉もお初にお耳にかかりますなものが多く、
キャッチーとかレディメイドとかグルーヴィーとか
それって一体何ですのん?ばかりなり。
ライブも今まで観たどれとも違い、一つのショウのようでとても記憶に残っている。
ホントにきっちりまとまっていたし、洒落ていて楽しかった。

東京FM、聴いてみたかったもんなぁ。 道上洋三とか浜村淳じゃないねん。
折しも当時、私も働き出して東京に行く機会が増え、
山手線で隣に乗り合わせた女っぽいこじゃれ男が隣にいた女性に
「それって超ポップだよね~。」と言ってるのを聞いて
関西弁を喋る人間しか周りにいなかった私からすると全く異質に思え、
だよねって何やねん、ポップって何やねん、きしょい~~~と背筋が一瞬凍ったが
そうか、“ポップ”って東京の人が使うカナ言葉か‥‥、と何ゲに間違った記憶がある。
そそそそ、P5=東京、なイメージなのである。 ハハハ

ほいで信藤三雄の手がけるCDジャケットもとてもカッコ良かった。
箱に入っていたり、ビニールみたいなケースに入っていたり。
難は定形外ばかりでラックに綺麗に並ばないという。
でも数あるCDの中からすぐに見つけだすことが出来る。
また聴いてみようかしらん。
「東京は夜の七時」とか新幹線でよう聴いとったもん。ホントにお懐しう。

BabyG

画像はBaby-Gのピチカート・ファイヴモデル。
今では珍しい一体型の革バンドで、メロディに合わせて画面のピクトさんが踊る。
昨夏、バンドの付替えは不可だったが、電池を入れなおしてみた。
時間は表示されるも残念ながら経年で音はもう一切出なかった。哀しい限り。

2012/02/02(Thu) | no music, no life.

BE MY BABYセンセーション 

♪BE MY BABY, BE MY BABY, BE MY BABY‥‥
「勝手に新曲発表会」(ゴッドタン)で目にしてから
まさに“BE MY BABYセンセーション”が巻き起こっているワシ。
「BE MY BABY」とは80年代後半に吉川晃司と布袋寅泰で結成されたユニット、
COMPLEXの楽曲なり。

COMPLEX

オリジナルアルバムを2枚だしてさっさと休止してしまったが
今もなお「BE MY BABY」は時折耳にする。
白バックに長回しで撮ったPVなんて何となくコントみたいだが
当時それだけで成立してたように思う。
だって彼らはたっぱがあってステージ映えするもの。 短足革袴穿可カラズ。

何故、ダイノジ大地&サンドウィッチマンの吉川と、ペレ草田扮する布袋の
バッタもんユニットに今、強く反応したのか (そもそも4人になっとるし)
自分でもイマイチ理解不能だが、とりあえず本家をまた聴いてみることにした。
届くのが楽しみであり、懐かしくもあり。

===========================================

そういや吉川晃司のファンたちは根強い。
今でもパソコンのデスクトップに彼の壁紙を、と聞くと
そんなに頻繁に出てないはずなのにあのお慕い申し続けるパワーたるや。
まだシンバルキックは健在なのかしらん。
ちなみに私にとって吉川=哀川陽司(TO-Y)であり、
あの描かれ方をされても全くブレない自分軸な感じは実にカッコイイ。
スターですよ、スタ~!
が悲しいことに私は役者としての彼の台詞があまり聞き取れない。
うーん、どうしたらいいもんか。 ちゃっちゃ!


2012/01/23(Mon) | no music, no life.

R.I.P. Amy 

慈悲深く社会貢献活動も熱心、ファンサービスも徹底していて
日本でも大人気のレディー・ガガ。
あの計算され尽くした“魅せる”ことへのプロ根性といったらすごい。
この一年は彼女のパフォーマンスをTVでもよく見かけたし
年末の紅白にも出るとかでとても楽しみ。
太ももがよろしい。 (もう少し厚みがあってもいいが。)
何せ顔が好きなタイプ。
AMYW
そのガガに顔立ちが少し似ているエイミー・ワインハウス。
今夏、27歳の若さで急逝してしまったが驚いた反面
「やっぱりね。」と思ったファンも多かろう。
がらっぱちでやさぐれ感が半端ないが、彼女のビジュアルも大好きであった。
訃報以降にアルバムをひっぱりだした。
やっぱり何度聴いても良い。泥臭くて何だか哀しくて。
『FRANK』よりも『Back to Black』の方が好きかな。
何だか惜しいわ。

ライブバージョンてあまり聴きたくないのだが、彼女は別。
むしろ生バンドで聴いてみたいくらい。
こないだ発表されたアルバムが三作目にして遺作とは‥‥。
是非聴かなきゃなぁ。
やっぱりホントに惜しいわ。

2011/12/30(Fri) | no music, no life.
profile

せきせい ことり


せきせい ことり

京都在住。
TV&ドライブ、スポーツ観戦好き。
Funk、Classic&Jazz、
Fab4 & RHCP好き。
そして何より食べることが大好き。
ゆえに万年ダイエッター。 トホホ
最近は海とハイキングに出かけています。

mail-markシンプルバナー ←メッセ–ジをどうぞ♬

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

新Macロゴ

人気blogバナー


recent entries
tweet tweet
archives

recommends!










★【送料無料】アイスコーヒー専用焙煎。
たくさん飲む人に。


★【送料無料】『Refa CARAT』
挟み込む!揉みほぐす!
正規取扱店で是非。


★アイリスオーヤマ
毎日コロコロ。
ななめカットが画期的。

categories
thank U
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。