とりのす.net

買ったモノ&食べたモノ、テレビ、音楽等‥‥ 日々、目にした事を書き綴っています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 コメント(-)

京都一周トレイル(松尾山) 

先日、久々に足慣らしがてらトレイル。
本当は愛宕山へお札をいただきに行こうと思ったのだが
どうやら天気がかなり不安定である予報だったので
気楽に行ける松尾山へ。

松尾1

既に紅葉が始まりかけていて結構、人がわさわさ。
前回は嵐山側から入ったが、今回は苔寺からスタート。
いつものことだけど始めると後悔するね。
いつになったら息が上がらなくなるのかしら。
降りる時に膝がガクガクしないようになるのかしら。

ヘトヘトしたところでお昼は一番見晴らしの良いところにて。
山の中はこ寒いのでカップラーメンが本当に美味い。
あとはおにぎりとウィンナーと卵焼き。
食べることはいつも楽しい。

松尾2 松尾4 松尾3

途中、ダッフィーの首つり。
割にデカいのがぶらーんと揺れていたのでぎょっとする。
また嵐山にはモンキーパークがあり、かなり至近でキーキー。
ビビる。あと毒キノコの表示とか。
私はいつ蛇に出くわすかと常、ビビっている。  シャー

スポンサーサイト
2015/11/29(Sun) | のんびり山歩き

京都一周トレイルコンプリート(大原~比叡) 

毎年、5月の連休ら辺は大原女まつり。
バスが混んでいたが何とか降りてスタート地へ。
先日は西へ行ったが今回は東へ。
民家と山の境には必ず柵が設けてあるが、いつもこのドアを開けると
この先、いつクマが出てきてもおかしくないんだなーとぶるる。

比叡1 比叡2 比叡4 比叡3

クマ鈴が役に立ってるのかどうかは分からないが
今のところ、野生動物に出くわしたことは一度もない。
途中、看板に山ヒルにご注意、とあった。
小さなスキマでも体に入り込むそうなのでビビッていたら
途中から手袋の中がチクチク。
まさか、と思い、取ってみたらタグピンのカスが入っていた。何故に。

今回のコースは割と急な坂が多くてヘトヘトした。
上りもキツイが、下りはホントに動きが遅くなる。
ボディバランスガッタガタなので一歩間違えれば
ひたすら転がり落ちるのみ。
そのうち膝が笑い出すし、何だかなぁ。
でも早いものでこの日から始めた京都一周トレイルも今回で
約70㎞のコースを全て終わらせることが出来た。
次はどこへ行こうかな~~。

比叡7 比叡8 比叡5 比叡6

余談。
コース終盤、比叡山人工スキー場跡地の横を通った。
かつて地元民の冬のレジャーに賑わったであろう此処も
暖冬により2002年、閉鎖された。
放ったらかしになっていて何だか哀しかったな。
海外ドラマやったら死体発見現場になる寂れ具合だった。

2015/05/17(Sun) | のんびり山歩き

京都一周トレイル(大原~二ノ瀬) 

2月某日、めちゃ暖かい日があったのでさっそく続き
京都バスで戸寺バス停下車後、西へ向かいたいのだが
なかなか北山24が見つからなくてさー。
トレイル地図では「味工房 志野」の北とあるのに実際は南。
随分と時間を食ってしまったが、何とか山の中へ。

大原3 大原2 大原4 大原1

まだまだこの辺は雪が残っていて寒いのだが
歩いていくと日差しですぐに暑くて暑くて。
休憩したらすぐに冷えてくるとはいえそろそろクマやイノシシ、
ヘビやら虫やら動き出してきそう。
一応、クマ鈴は着けているが(効果は不明)、実際に境界フェンスの
扉を開けるとなーんか緊張してしまう。
実際に出くわしたらどうしたらいいのかしらん。

鞍馬1 鞍馬2 鞍馬3 鞍馬4

お昼にとても静かな静原神社(北山35-2)にて
静かにカップ麺とおにぎりを食べたあとは最後の峠、薬王坂。
腹いっぱいで坂道は結構キツかったけど、これを過ぎればすぐ鞍馬。
もうトレイルとしては終わりなもんで、鞍馬寺へ寄り道。
火祭で有名な由岐神社は仁王門をくぐった50m上にある。
貴船に行くなら山を登っても良かったが、今回のコースには無いので
鞍馬山はそこそこに。

よく見るデカてんぐは山にあるのではなく叡電鞍馬の駅前にあった。
ちなみにブルージュ洛北の移動販売はいなくてざーんねん。
で、鞍馬から乗っても良かったが一応、二ノ瀬まで行って終了。
残るはトレイルでも高い所ばっかの比叡コース。 ヒエーイ!

2015/03/07(Sat) | のんびり山歩き

京都一周トレイル(伏見稲荷~蹴上) 

3月から足慣らしに近場をちょこちょこ廻っているのだが
連休中、久々に京都一周トレイルを開始。
今回のコースは京阪伏見稲荷駅から出発。
ここが東山コースのスタートで一番端っこ。
(反対側の終点は苔寺で西山コースの51番)

東山1 東山2 東山13

駅が東山1だが、稲荷にあるハズの東山2がなかなか見つけられなかった。
トレイルの道標はどこも分かりやすい位置にあり、分岐点で必ず目に付く。
境内を何度も行ったり来たりし、限界を感じたので案内所へ。
2番はなーんと本殿を過ぎて千本鳥居終わりの奥社にあるそうな。
それにしても連休の稲荷は人が多すぎ。 初詣か!
よそ見~突然撮り止まるヤツを避け、千本鳥居を牛歩牛歩。
が、四ツ辻を過ぎるといきなりすさーっと人が減るのでホッと一息。
(稲荷山を周るか、トレイルで泉涌寺方面へ進むかで分かれるため)

東山3 東山5 東山4
東山7 東山8 東山6

でしばらく歩いていくと山の下り感があり、今熊野辺りは民家ばかり。
東山コース沿いは親切に手書きの案内も多い。
激混みの一号線をくぐり抜けていよいよ清水山へ。 ヘトヘト
242mの三角点に着いたらお待ちかねのお昼ごはん。
今日はマフィンとパスタ(カルボナーラ)。
このサタケのマジックパスタのクオリティはスバラシイ。
おにぎりとラーメンも良いが、洋風コンビもなかなかマル。

東山9 東山11 東山12

さてまた進んでいくと東山山頂公園があり、夜景スポットの定番将軍塚に着く。
ガスっててそないに「わ~」というほどではないが人はいる。
よくサスペンスで最後の種明かしにここが使われていたりするが
実際、わざわざ車を停めて移動してから「あなたが犯人ですね」ってのもなぁ。
とか何とか思いながら歩くとどんどん山の下り感があり、あっという間に三条通。
一応、お決まりで最後のねじりまんぽ(東山30-2)まで行って終了。29662歩也。 ヘトヘト

そいで浄水場に行ってみたという次第。
遠目にまんぽを見てスナイパー気分。
ほいで片平なぎさか東ちづるに将軍塚で言われるんだろう。

2014/05/17(Sat) | のんびり山歩き

奥嵯峨~嵐山ぶらり 

昨年はトレイルになかなか行けなかったのもあり、ついぞ
山師匠のマダムも山のネタを振ってこなくなってしまった。
なーんかガッカリさせちゃったかしらん。
でも私なりに今季はなるべく行ってみようというのが目標。
実は3月頃からアイドリングがてらちょこちょこと行っている。

嵯峨1 嵯峨5 嵯峨4 嵯峨3

嵯峨から清滝の奥までぐる~り。
気候も良くなってきたので森林浴が気持ちいい。
いつもはMTBやトレイルランの集団と出会うが
この日はあまり見かけなかった。
私は登りだけで精一杯だけど彼らはさっさか行ってしまう。
あの体力を見習わねばな。

途中、保津川の岩場に降りてみると保津川下りの船がどんどこ。
そういや先日台湾から二千人の団体があったらしい。 ギャペー
お楽しみのお昼はテーブルのあるスポットにて
おにぎり食べたりパン焼いたり、お菓子と一緒にコーヒー飲んだり。
すこーし桜も残っていたりして、ゆっくり過ごすことができた。
清滝のバス停まで戻ってきたらあともう一息。
試峠を越え愛宕念仏寺に着くと下るのみ。

嵯峨2 嵐山1 嵐山3 嵐山2

落柿舎を過ぎ、帰る予定だったが先日、嵐電嵐山駅前に
オープンしたばかりの「嵐山 昇龍苑」に寄ってみることに。
漬物の西利が経営してるそうだが立地も便利だし、
なかなか良さげな京都の名産品が揃ってる感じ。
儀兵衛のお米に惹かれたがまた今度。

2014/04/29(Tue) | のんびり山歩き

そろそろトレイル(保津峡) 

このところ暑くもなく寒くもない、イイお日和。
山師匠のマダムは折った骨のことなぞものともせずに
雪解けを待たずしてガンガン登っているらしい。
少し前も登山中に亡くなった仲間の弔いで行ってきたとな。
私なぞぎっくりんこですっかり臆病になってしまい、しばらく敬遠していたが
意を決して足慣らし(というより腰慣らし)に軽い保津峡コースへ。
ここならば動けなくなっても数十分も待てば車は通る。
ま、幸い何事も無く。

今、登山中に何を食べるか色々と模索中。
超ビギナーはとりあえずお湯を沸かせれば何とかなる。
現段階ではカップラーメンが基本で、おにぎりを持って行く程度。
もうそろそろ幅を広げたいなぁと思っているところ。
かといって何やらかんやら欲が出たらますますリュックが膨らむ。
ただでさえ荷物が多いと言われている。どうすっかねぇ。

保津1 保津2 保津3

今回はアルファ米をお試し。
ピラフと五目ごはんを選んでみた。
熱湯を注いで15分。
あまり期待してなかったが意外に美味かったので驚き。
マジックパスタもイケるらしいし、今度はカレーも良いなと思っている。
パーやん(パートナーの彼)はかねがね、焼き網を所望。
そっか、食パンを焼くのもよござんす。
とろけるチーズを乗せるざんす。
ところどころ桜も残っていたが、やっぱり花より団子ざんす。

2013/04/15(Mon) | のんびり山歩き

PETZLのヘッドランプ 

いや~、イイ季節になってきた。
昼間は気温が上がって少し頭がぼやっとするが、それでもあの
一時のことを考えると体が随分と楽になった。
そろそろトレイルの気構えを始めねば。

ちょこちょこと買い足しているが、今回はヘッドランプ。
夜間にどうこうする予定はないが念のため。
街中だと陽の暮れでも大して気にならないものだが峠の中は別。
前回、予定が少し遅れてしまい、視界が悪くなるスピードたるや。
周りが見えなくなると途端に耳がよく聞こえるような気がする。
ガサガサと近くで音がするとまさか黒くてデカいアイツでは?とヒヤヒヤした。

ペツル1 ペツル2

色々と候補はあったがやっぱりペツルにした。
127時間』でJ・フランコが身に着けていたもんで。
ま、私のはお手頃なタイプですけどもね。

頭つるんつるんの彼は何故、心ここに在らずみたいな白目ぶりなんだろう。

2012/09/26(Wed) | のんびり山歩き

CHUMSのベアベル 

富士山が初冠雪らしい。
早いなぁ、富士山の夏は短い。
私の夏はこんなにも長いのに?
もうほとほとウンザリ。
真剣な話、夏に避難できる別荘を買うプランでも練ろうか。
差し当たってまずはオータムジャンボだな。

さておき。
富士山に登るなんて全く現実味のない話だが
涼しくなってきたらまたちんまりとトレイルを再開しようと思っている。
(今のところめまいが治まっていないのでちょい不安だけど。)
この夏の間にはこまごまとモノを買い足してきた。
クマ鈴もその一つ。

熊鈴

クマなんてホントにおるんかいと思っていたが
こないだも途中から頻繁に『クマ出没注意』の看板や
民家と山の間に仰々しいフェンスや電気柵が建てられているのを見て
実際出ないでもないのだと思うとコワくてコワくて。
半時間以上誰一人すれ違わず、やっと出会うハイカーたちが
皆、クマ鈴携帯だと今は安心だ!と妙にホッとした。

奇しくも数日前、実際に比叡山近くでツキノワグマが捕獲された。
今後予定しているトレイルコースはまさにここら辺だし
クマ鈴でホントに除けられるのかしらとは思うが
持っておくに越したことないと思った次第。
何せ登山(ハイキングだけど)はほぼ自己責任である。
使わない時はマグネット入りのストラップにくっつけとけば
音が小さくなる便利機能付き。
アレ、実はうるさいもんね。

さてブービーはとてもカワイイ。
「NO I'm not a PENGUIN!」
そう、アイツはペンギンではない。答えは鳥!


2012/09/12(Wed) | のんびり山歩き

スノーピークのチタンマグ 

大文字山で湧き水が吹き出しているのを知って
ずっと自分のコップが欲しいと思っていた。
ハイカーの中にはザックに付けたコップでぐびぐび飲んでいる人もいて
私もそれをやってみようと思った次第。

snowpeak

えっへん! 買ってしまった。
が、残念ながらあれから湧き水に全く出会わない。
高度も低いから季節柄、暖か~い飲み物も飲みたくない。
あまりにも出くわさないので綺麗か知らんが
山中に流れている川の水を掬って飲んでみようかと思ってしまった。
出でよ、湧き水! ずごー

あと先日、あまりにも膝が痛くて動けなくなりかけたのを反省して
トレッキングポールも買った。
山中で拾った枝に随分助けられた。
もし身ひとつだったなら危うく野宿だったかも。

てなことを登山フリークのマダムと喋ろうと思っていたら何とも痛々しい姿に。
泊まりで1500mの登山に出かけた際、誤って転倒し
腕を骨折してしまったそうな。
荷物が増えるから、とポールを持っていかなかったらしい。
3000m近い山を登るベテランのマダムでもこんなことになるのだから
へなちょこの私はまだまだ気をつけねばならぬ。

2012/05/31(Thu) | のんびり山歩き

京都一周トレイル(高雄~二ノ瀬) 

天気がべらぼうに良く、カラッとして過ごしやすい。
ということで前回終わりの高雄(北山90)までえっちらおっちら。
やっぱりこの時期、ここいらは人がいない。
楓ちゃんは赤より緑の方が美しいのに~。
で、毎度ながら登りでいきなり後悔する。
すぐ息があがってしまうのだった。
そんな私の救いというか京都一周トレイルの良い点は定期的に道標があること。
ちょっとした分かれ道に必ずヤツは現れる。
ひたすら一本道でも「まだ真っすぐですねん」と世話を焼いてくれるのだ。

二ノ瀬1 二ノ瀬2 二ノ瀬3 二ノ瀬4

がこの日はちょっと違っていた。
北山85ポイントのほんの少し先に分岐があるハズがいつまでも見当たらない。
どんどん奥まってきてしまうが、位置確認をしようにも携帯は圏外。
絶対に見落としてないと確信しつつもコンパスの方位がかなり怪しい。
半時間以上歩いてきて非常に悔しいが、思い切って戻ってみることにした。
やっぱり分岐は無いまま、北山85に着いてしまった。

無いやんけ!と道標をじっとり見つめていたら休憩中のおやっさんが
「沢ノ池行かはんの?その上り道一本、解りやすいで。」と話しかけてきた。
その上り道とは目の前にある何ゲに細く、大人1人がギリの脇道。
よく見ると道標の上に手作りの道標が付けられていた。
きっと間違いやすいのだ。 そりゃ広い方に行くやろう。
ああ、おやっさん。あなたにもっと早く出会いたかった。

二ノ瀬7 二ノ瀬5 二ノ瀬6 二ノ瀬8

一本道を抜けるとあっという間に沢ノ池に着き、ごはんを食べたら即出発。
(ちなみにこの池はよく時代劇のロケで使われるそう。)
京見峠を抜け、クマ出没注意の看板にビビる氷室~三幸橋~
向山(420m)の三角点に到達した時にはかなり陽が落ちていた。
あとは下りるだけ。
がもう既にひざはがくがくで水は底を突いていた。
何とか最終地点、叡電二ノ瀬駅(北山47)まで辿り着いたが
あと1時間遅かったら全く動けなくなるところだった。
今日の移動距離42.7km。そりゃ限界だ~ね。
ストックが必要だと解った。

反省点。
地図をしっかり見ること。私に水1.5Lでは足らんということ。

2012/05/23(Wed) | のんびり山歩き

京都一周トレイル(保津峡) 

先日、とても良い天気だったのでトレイルの続きをしようと思ったが
夕方から天気が急変するらしい。
初心者がのこのこと山に入り、何かあったら大変。
人間は自然を愛しているが、自然は人間など愛してはいない、のさ。
言わんこっちゃない、と片平君2号に怒られたくない。
それに私はまだエマージェンシーシートも買ってないもんで。
ということで先日一つ残したトレイルポイントだけ行ってみることに。
保津2 保津4 保津8 保津1

嵯峨よりスタート。
さすがにいい天気なので観光客もそこらじゅうにいるし
トライアスロンのロードバイクチームやトレイルランナーとすれ違う。
ホントに雨が降るんですかね~と思うくらい。
またゆ~るゆるの六丁峠を上っていき、落合橋に到着。
こないだは東へ行ったが、今回は西へ行く。

保津3 保津5 保津6

そして短いトンネルを抜けるとそこは渓谷であった。
ちょうど昼にさしかかったくらいなので下りてお昼にする。
この日のメニューはカップヌードルカレー味とごはん。
ラーメン有りーのカレーライス有りーのなかなか大満足。
食べている途中、保津川下りの一行がたくさん通り過ぎ
たまにオーイ!と手を振りあったりする。平和ですな。

このあとはトロッコ保津峡駅を過ぎて、JR保津峡駅から電車に乗って帰る。
まだこの時点では晴れていたがその数時間後、雨が降る。
不思議だなぁ。

2012/05/12(Sat) | のんびり山歩き

京都一周トレイル(二尊院~高雄) 

数ヶ月ぶりに京都一周トレイル開始。
二尊院(西山11)から西山コースの終点(51)まで終わっているので
今回は二尊院から東へ行ってみることにした。
シーズンなので観光客が多いのだが、化野念仏寺から
平野屋の一の鳥居を過ぎたら人がさーっと居なくなる。
たまにすれ違うのはハイカーくらい。

西山6 西山8 西山9 北山1
西山7 西山10 西山11 西山12

六丁峠まではゆ~るゆるの上り道だが、ここを超えると割と楽。
おまけにこの日はとてもいい天気で、皆さんもご機嫌な様子。
落合橋を渡り、緑豊かな米買道をひたすら歩くとついに清滝猿渡橋(西山1)。
ここは千日詣で愛宕さんに登る入口となる赤い橋がある。
この周辺は京都有数のゲンジボタルの生息地。
車だとすぐに来れるのに1時間以上かけて歩いてきたのね。
まずは西山コース完了。

北山2 北山3 北山4 北山7
ジェット プラ 北山5 北山6

今度は北山コースに入る。
どのくらいかかるか見当も付かず、良さげな場所が見つかりお昼に。
ふっふっふ。
実はプラティパス(水筒)とジェットボイル買いましてん。
ジェットボイルがものの数分で水が沸騰するのにびっくり。
屋外でカップヌードルが食べてみたかったのでかなり満足。
パンとおにぎりを持っていたがホント、充分。
一息ついたので出発。
が、一時間くらいで高雄についてしまった。
もみじの季節はバカ混みだが、この時期は人が全くいない。
貴船に行くには中途半端だったのでこれにて終わり。
中心地に戻る市バス代がべらぼうだったのでビックリした。
疲れていたが目が覚めた。  ぽろん

2012/04/15(Sun) | のんびり山歩き

京都一周トレイル(西山21~51)  

登山フリークのマダムから毎月のようにお伺いをたてられる。
あれからどこか登った?私はこないだ赤岳に行ってきたわよ。
早くしないと防寒装備で荷物が増えるから今がチャンスよ!

いえいえ、そんなめっそうもない。私は1000m以下をうろうろします。
ましてや雪山に登ろうなんて考えておりませぬ。

ということで前回の終わり渡月橋(西山21)からスタート。
あまりの人混みにかなりのストレスを感じながら歩く。
阪急嵐山駅に道標があるかと急いだら、いきなり西山24。
22、23をすっ飛ばしたようだ。
何処にあったんだろう。まぁ、結果オーライ。
しばらく行くと車道脇に細い猫道のような西山26が登場。
これは見逃しそう。それも“苔寺へのぬけ道”って!
軽く考えてたらエラい目に遭うな。

西山2 西山4 6

さてここからほぼ松尾山頂上276mまでひたすら登るのみ。
面白いくらいさっきまでのがちゃつきがウソのように誰もいない。
湧くほど居た、人の多い場所へ敢えて出かけるザ・マジョリティな人たちは
一体どこへ行ったのかしらん?
そりゃわざわざこの山道に入り込むのはハイカーのみさ。
たまーにすれ違うと逆にホッとする。

西山3 西山1 西山5

毎度のことだが、登るとすぐにかなり後悔する。
何でわざわざ行こうなんて言っちゃったんだろかなー、
今日はおやつも持ってきてへんしやなー、何かあったらどうしょー、
あ~、もう息が上がるし靴は当たって痛いし、などと常に思い続ける。
登ったら暑いし、止まったら速攻寒いし、トイレも無いし。 ぶつぶつぶつ
でも下の景色が遠目に見えた途端、そのうだうだが全部すかっと消えてしまうのだ。
なーんか救われる気がして。
一番上に着いたらもう占めたもので、尾根づたいにアップダウンを何度か繰り返して
いつの間にか西芳寺(苔寺)の横に下りて終了。
帰り道、次はどのコースにしようと呑気に考える。

2011/12/04(Sun) | のんびり山歩き

京都一周トレイル(西山11~21) 

登山フリークのマダム曰く、初心者ハイキングなら京都一周トレイルが
整備されていてオススメ!ということで歩いてみることに。
『京都一周トレイル』とは東は伏見稲荷~比叡~鞍馬~高雄~嵐山を経て
西は西芳寺(苔寺)に至る全長70キロのコース。
全部廻ろうと思ったら数日かかるのではないかしらん。
(あと今春、京北地域の40キロコースが誕生。)
駅やバス停を起点に道標に従って山あり平地ありのコースをお好みで、
気分や体力によってどこから始めても良いし、どこで止めても良い。
途中には仏閣、名所などもあるのでそのまま観光してもマル。
各コースに分かれたガイドマップが本屋などで販売されている。

トレイル1 トレイル5 トレイル6 トレイル9

先日は東山30から45まで。
今回は靴ならしのためにさらっと平地を歩いてみることにした。
二尊院(西山11)からスタート。
周りは二尊院総門を撮っていたが私は道標をパシャリ。
観光客は徐々に増えてきて、何と団体ジョガーもやってきた。
ますます走りにくいだろうに。
御髪神社で手を合わせ、大河内山荘横を素通りし
亀山公園を抜けて渡月橋で時間が来たのでおーしまい。

トレイル3 トレイル4 トレイル7
トレイル2 トレイル10 トレイル8

道標ばっかりも何なのでその他色々。
森さんが経営する工房とカフェには綺麗な赤い花がぽつりぽつり。
門扉「森」もカワイイ。
途中、日向で居眠り中の猫を発見。邪魔をしてみる。
それにしても靴が硬く、足に打ち身みたいな痛さが残る。
さてどうしよう。

2011/11/05(Sat) | のんびり山歩き

大文字山ハイキング 

夏に愛宕さんへ登り、またどこか行きたいな~とずっと思っていて
登山フリークのマダムに訊いてみたところ、
まずは大文字山(如意ヶ岳)に行ってみたら?とオススメされた。
それから靴やらウェアやらをどうするか悶々と考え続けていて
いつお会いしても行ったと言わない私に業を煮やしてか、
そないに気合い入れんでも大文字山くらいなら
フツーのカジュアルな恰好でとりあえず行ってみぃ!
必要なものは色々登っていくうちに判ってくるわーい、と喝。

大文字山6 大文字山9 大文字山7 大文字山2

ということで行ってみる。
大文字山は東山三十六峰の中心で標高465メートル。
京都一周トレイルコースの一つできちんと整備されているので
初めて行ってもとても分かりやすい。
今回は蹴上(東山30番)からスタート。
人がいるかな~と思っていたらそこまで賑やかでもなく。
とっかかりから合ってるのか不安になるが標識に従って進む。

大文字山3 大文字山14

終点の大文字山が東山45番で、頂上まではあっという間。
ゆっくり休み休みで2時間くらいで到着。
“大”の火床は頂上から少し下がったところにあり、道なりに進んでいくと
いきなり樹々が無くなって目の前に京都市内が現れる。
斜面がかなりの急勾配で、広がるパノラマがリアルであった。
残念ながらちょいガスってたのだが天気は良し。
平安神宮や京都御所、二条城、妙法の“法”も見える。
火床周辺で休憩する人はたくさんいてお弁当を食べたり
中には鍋を持ってきてぐつぐつ煮込んでいる人も。

大文字山4 大文字山10 大文字山8 大文字山15
大文字山11 大文字山1 大文字山13 大文字山12

さて“大”の字沿いには階段があり、そこを通って下山していく。
結構、急な坂道でぼさっと降りてる間に銀閣寺横に着いてしまった。
蹴上からでは割にトレッキングスタイルを見かけたのに
銀閣寺から登ってくる人は軽装が多い。
なかにはパンプスやブーツとかで来てる人も。
それもそのはずで、帰りは30分もかからない。
いきなりわさわさの観光客に紛れてしまう感じ。
ありりー、さっきまで“山!”って感じだったのに。
ということで哲学の道を通って帰る。
翌日、やっぱりふくらはぎがぱんぱん。ダメねぇ。

2011/10/16(Sun) | のんびり山歩き

愛宕さんへおのぼりやす おくだりやす 

愛宕さんの千日詣りへ行ってきた。
正しくは愛宕神社の千日通夜祭へ参拝に。
愛宕さんは火伏、防火にご利益があり
火伏札は京都の飲食店などでほぼ見かけることができる。
もちろん一般家庭のキッチンにも。

その愛宕さんで毎年、7月31日夜から8月1日早朝にかけて参拝すると
千日分のご利益がいただけるということで
この時には一万人前後が訪れるそうな。
21時と26時には神事が行われるのでそれを目指して
片道2時間のコースをえっちらおっちら。
3歳までにお参りすると一生、そのお子は火難に遭わずにすむという
謂れがあり、背負って参詣する親の姿も多い。

愛宕1 愛宕2

私はというと敢えて神事は避け、登りきることだけを目標に。
とはいえ正直、日頃からたくさん歩いているし、子供でも登れるんだからと
タカをくくっていたのだが標高924メートルをナメちゃいかん。
実は比叡山よりちょっと高いのであった。
そのほとんどが山道と石段ですぐに息が上がる。
茶店どころかトイレすら無いし、この日は裸電球がコースに沿って
ぽつぽつと点灯していたがほぼ暗闇。

景色が変わらないとツラさが増し、くじけそうになる。
が、こちらの参道では下りる人には「おくだりやす」、
これから参る人には「おのぼりやす」と声をかけるのが習わし。
上りでヘロヘロしている私に皆から、中には小学生のぼくちゃんたちからも
「おのぼりやーす! 頑張って下さい!!」と何度も声をかけられた。
そのおかげで何とか到着。
お互いに声をかけあう習慣てステキだわー。
お神酒をいただき、お札も手に入れ下山。
それにしても門をくぐった瞬間、スモークばりに霧がたちこめ、気温がグッと下がった。
10度ほど違うとかで、やはりヤッケは必要アイテムかと。
途中はあんなに暑かったのに、山は不思議だなぁ。

愛宕4 愛宕3 愛宕5

登山口到着は26時半。
上りの方がキツいと思っていたが、下りは腰と膝に来た。
雨も降ってきたから足に過剰な力が入ってしまったし。
翌日の今日、マッサージに行こうと思っていたが
あまりの筋肉痛で今は触られるのも嫌。
ふくらはぎがぱんぱんで組織が断裂しそうじゃ。

2011/08/01(Mon) | のんびり山歩き

紅葉を見に行こうよう(奈良) 

今年は余裕が無く、紙面やテレビでは紅葉情報を目にしていたのだが
いつの間にか関西方面はほぼ“落ち葉”表示に。
あぁ、時の経つのは早い。
私がまだ暑い盛りにいつも、盆を過ぎたらもう年末でっせと言っていると
んなアホな!と笑う人が多いのだが、実際もう12月も半ば。
あながち間違いじゃなくてよ。

紅葉1 紅葉2 紅葉3 紅葉4

で今秋も恒例、平均年齢を独りで果敢に上げるハイキングの会に行ってきた。
今回は多くの剣豪が道場を目指して往来したという柳生街道(奈良市)のコースを。
近鉄奈良駅から直行バスでくねくねと約20分。
紅葉は見頃のピークを少し過ぎたくらいで遠目に赤い紅葉が美しい。
円成寺前で下車してハイキングスタート。

柳生3 柳生4 柳生2 柳生1

バスで随分上に来たはずだが登り登りが続く。
一応シーズン中ではあるが割にひっそりとしていて
分かりにくい分岐点もあるのでガイドさんがいてくれて助かる。
峠の茶屋を超えた、地獄谷新池付近はランチスポット。
あんなに見なかったハイカーがいきなり沸いて出る。
この時期は携帯ガスコンロ持参で暖かいものを食べている人多し。さすが!

滝坂の道は江戸時代に奈良奉行が造った石畳が続き、轍のあとが残っていたりして
かなりノスタルジックな景色が楽しい。
結構ぼこぼこしているのでしっかり踏みしめて歩かないと下りで腰を痛めるかもネ。
やはりハイキングはトレッキングシューズがオススメ。
春日山原始林は特別天然記念物で人の手入れがされていない。
樹齢数百年の杉の木や石仏などを見ながら
やっぱり山の中は良いのぅ、とひっそり思うのであった。 夜は怖いけど。

2009/12/13(Sun) | のんびり山歩き

歴史街道を歩いたどう 

昨年の梅林に続き、ママ上の同郷の友達と歴史街道をハイキング。
参加者は総勢30人。すげーな、昨年より増えてるぞ。
今回は山辺の道(奈良県)。
豊かな自然を眺めながら社寺や古墳巡りも出来る素晴らしきかなコースであ~る。

金屋河川敷 歌碑 歌碑小林

近鉄桜井駅からスタート。
山辺の道沿いには40近くもの万葉歌人の歌碑がある。
私としては一つずつ見ていきたく、特に
東山魁夷や川端康成の碑は押さえておきたかったが
今日のおやっさんらにはあまり重きがないらしい。
ただ小林秀雄が揮毫した碑が建つこの道は撮っておいた方がいいとの事(↑画像右)。

大美和の杜 巻向く 薬井戸

この日は天気がべらぼうに良く、今年初の真夏日。 暑いよー、紫外線が強いよー。
が、暑いだけで湿気が無く、風もあるので歩くにはなかなか良い日和。
狭井神社には薬井戸があり、万病に利くという湧き水を自由に取水出来る(↑画像右)。
コップも常備されているので皆、グビグビ。
更にこんな日に飲むアクエリアスは超美味い! ま、また喉が渇いて結局水を飲むんだが。
参加者は冷焼酎を飲んでいる人も。 オイオイ

お昼は桧原神社にて。
ちゅーても全然、ランチ場所ではないんだが
隅の木陰に敷物を引いてまた例のごとく、各自持ちより。
おにぎり、弁当はもちろん、またもや自家製の奈良漬にお香々、らっきょう、
中には焼菓子まで作ってきたおやっさんも。
ママ上の漬け物(味噌&ぬか)は定番のようで皆、肴でやんややんや。
今回はシーズンだけに筍もたくさん。
ママ上の煮物も早々に売れてしまう。筍なぁ‥‥。

八重桜1 八重桜2 これも桜

その後、私は天理駅まで行くつもりでいたのだが
天理市トレイルセンターにてえーらいゆっくり休憩してると思ったら
そのままお開きとなった。 えー!Σ( ̄ロ ̄lll) 
せめて弘法さん開基の長岳寺を見てからにしましょうや、と思ったが
今日のおやっさんらにはあまり重きがないらしい。
だってこのあと宴会場抑えてるからね。

ということで私はそのままJR柳本駅から延々と各駅停車に揺られて帰る。
だってじぇーんじぇん快速来んのやもん。
こんなん陽ぃ暮れてまうわ、と思っていたらホントに暮れてしまった。
誰も乗らんのか、奈良線。
で、今日の歩数は19000歩。 なかなかの飛脚ぶり。

2009/04/21(Tue) | のんびり山歩き

正月立ち 春の来らば かくしこそ 

3月上旬、ママ上の同郷の友達20人と追分梅林(奈良市)へ
梅を見にハイキングに出掛ける。
もちろん参加者は団塊世代のみ。
一人、平均年齢をぐぐーっと下げるぜ。 ヒャッホゥ

追分梅黄 追分梅赤 団塊ズ

残念ながらまだチラホラ咲きではあったが
持ち寄った手作りのお弁当を食べながらの見物は格別。
極上の梅干しが入った魚沼産コシヒカリで作った大きなオニギリを手に
各参加者から廻って来るおかずが美味しいのなんの。
自家製の奈良漬やら焼豚、ママ上のニンジンの味噌漬もなかなかの人気ぶり。
半解けの冷えたビールでやんややんや。
芋焼酎に庭で成ったという柚子を搾って飲むオヤジもいれば
芋に余計なもんは入れんでよか~、と持ってきた氷を
カラカラ入れて飲んでるオヤジもいる。
いや~、やんややんや。

満腹になったところで矢田山のハイキングコースを軽くぶらり。
私もオヤジが取ってくれた梅の花を髪に差して慣れない山道を登る。
そしてラストは「音の花温泉」(生駒市)にちゃぽーん。
やっぱり大きいお風呂はいいな~~。
露天風呂でしばし休憩した後はまた宴会。
盛合せのお寿司が意外にも美味しかったのでオススメ。

酒の席は終わりが見えなかったのでお腹が一杯になったところでおいとましたが
最近のこの世代はとても元気。
歩くのも早いし、楽しみ方も知っている。
昼間、梅を見ながら「美味しいもん食べてお酒飲んで
結局、こういうのが一番贅沢だよね。」と言った
オヤジの言葉に妙に納得してしまった。 ウンウン


そういや。
宴会の姿が絵になる、とちょうど中継に来ていたテレビ局スタッフに
30分後、生放送のインタビューに出て欲しい、と頼まれ
皆、そりゃ~いい~!と二つ返事で引き受けていたのに
食べ終わったらさっさと出発している団塊ズ。
ADがあとで怒られてなかったら良いけど。

2008/03/10(Mon) | のんびり山歩き
profile

せきせい ことり


せきせい ことり

京都在住。
TV&ドライブ、スポーツ観戦好き。
Funk、Classic&Jazz、
Fab4 & RHCP好き。
そして何より食べることが大好き。
ゆえに万年ダイエッター。 トホホ
最近は海とハイキングに出かけています。

mail-markシンプルバナー ←メッセ–ジをどうぞ♬

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

新Macロゴ

人気blogバナー


recent entries
tweet tweet
archives

recommends!










★【送料無料】アイスコーヒー専用焙煎。
たくさん飲む人に。


★【送料無料】『Refa CARAT』
挟み込む!揉みほぐす!
正規取扱店で是非。


★アイリスオーヤマ
毎日コロコロ。
ななめカットが画期的。

categories
friendsh“o”p


絞裏庵 (SHIBORIAN Co., Ltd)

opla's fleama

中里陶芸教室

BAR Violon

thank U
RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。